医療業界再編の中のMittell【ミッテル】

グリグリ グリグリ
LINEで送る
Pocket


労働人口の減少、年々高齢化が進む中大きな問題として2025年問題があります。2025年には団塊の世代が一斉に後期高齢者となり、医療費の増大、病床の不足が問題となります。
そこで政府は団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて医療業界の再編を目指した制度改革が進められています。将来30万人といわれている慢性期患者の受け皿をどうするのか、また年々増え続け年間40兆円を超え膨らみ続ける医療費の抑制などなどに対する制度改革が急務となっています。

具体的には

具体的には、全国で病床数を6%削減し入院医療費を5%から10%程度抑制を目指すというものです。高齢化が進む中で削減?不思議に思いますが、実は全国一律での削減ではなく都市部では病床数を増やし地方部では大幅に削減するというものです。

計画的に

都市部と地方部では人口当たりの病床数に大きな乖離があります。人口当たりの病床数が多いと病床の稼働率を上げる為に不必要な入院が増えこれが医療費を圧迫している現状がデータとして表されています。都市部では高齢者の主な受け皿となる慢性期病床は足りない状況です。そこで人口当たりの病床数を最適化し、全体の医療費を抑制していくというものが狙いのようです。
合わせて、絶対数として足りない病床数の確保対策として、慢性期患者の70%となる30万人を、在宅医療を含めた地域包括ケアシステムにより対応を目指す。その為に回復期の病床を大幅に増やすことで急性期から在宅医療へのスムーズな移行が実現する計画。

問題も

しかしながら医療提供者の多くは民間である為に経営に直結する病床数の削減や転換の問題とともに、医療介護業界でも問題となっている労働人口の減少によるスタッフの確保の問題解決が重要です。

Mittellを利用する事で、療養上のリスクが回避することができます。リスクが回避出来ればインシデントレポートの作成などの業務量の低減等による職場環境の改善に寄与する事など効果があります。
日々のオペレーションがどう変わるのか、お気軽にお試しレンタルサービスを是非ご利用ください。


よく読まれている記事


パンフレットや資料が必要な場合は

お試しが必要な方

ご不明な点はこちらからお気軽に