TOPICS お知らせ

起床離床センサーMittell【ミッテル】ロゴ

起床離床センサーのご紹介

見守る安心、見守られる安心

「mittell」は、要介護者のベッド上での行動を検知し通知を行う、起床・離床センサーです。
病院や介護施設では、施設利用者がベッドを離れることで徘徊や転倒等の事故が発生しております。特に高齢者の転倒、転落事故の発生頻度は高く、様々な見守り支援機器が実用化されていますが「通知のタイミングが遅い」「誤検知が多い」等、多くの課題が残されています。
「mittell」は、従来の「感圧式センサー」で検知していた「離床」に加え、「起床」を検知することで理想的なタイミングで通知を行うことが出来ます。
見守られる側の安全と見守る側の心理的、身体的負担を軽減することのできる、次世代の見守り支援システムの提案です。

起床離床センサーmittell【ミッテル】の外観イメージ

Mittell Characteristic

起床離床センサーの特徴

  • 離床行動を高精度検知

  • 理想のタイミングで通知

  • 使いやすいシンプル設計

離床行動を高精度検知

「mittell」は、イメージセンサ(カメラと画像認識技術を併用した非接触センサ)を搭載することでベッド上での様々な動きを把握し、必要なタイミングで通知することが出来ます。ベッドの配置から「起床」「離床」の検知ラインを設定し、頭部の動きを元に判定を行います。
寝返りなど不要なタイミングでの誤報や誤検知も少なく、見守りの労力を低減することが出来ます。

理想のタイミングで通知

従来の離床センサーは、感圧式のシートを使用しベッドから離れる際や、床に足を付く際の圧力を検知し通知を行なっていました。しかし、このような物理センサを使用した製品では離床行為しか検知出来ないため、スタッフ到着前に転倒していたり既に不在となっている事例が多くあります。「mittell」は、従来の技術では検知が難しかった「起床」を的確に検知することで、離床前にスタッフが到着することが可能です。このことで、立ち上げり動作時の転倒リスクの低減や、俳諧行為の初期状態で対応することが可能になります。

使いやすいシンプル設計

側面の操作パネルは、機能を最低限に絞ることで簡単な操作を可能にしています。片側には設置用基準線を表示しており誤設置を防いでいます。

カメラを意識させない外観

本体の外観意匠は「カメラを意識させない外観」に重きを置いてデザインしており、各設置環境のインテリアに馴染むデザインとしています。カメラ部をスモークパネルで隠し、全体を柔らかいアール形状にすることで電子機器の硬いイメージを減らしています。

起床離床センサーmittell【ミッテル】の病室への設置イメージ

Mittell Support

Mittellをもっと知る


詳しい資料が必要な場合は

ご不明な点・貸し出しはこちらからお気軽に