IoTがもたらす医療・介護環境の今後とその可能性

グリグリ グリグリ
LINEで送る
Pocket


医療分野におけるIoT関連機器・システムの国内市場動向

富士経済は、医療分野へのIoT関連の発展により今後大幅な拡大が期待される医療分野におけるIoT関連の国内市場について調査を行い、その結果を報告書「2017年 メディカルIoT・AI関連市場の最新動向と将来展望」においてまとめられている。

その中で、2025年の医療分野におけるIoT関連機器・システムの国内市場は、2016年比2.2倍の1685億円となると予測されている。また、最も比率が高いのは通信機能が埋め込まれた人工臓器、ウエアラブル型機器といった「通信機能搭載型人工臓器」。2016年時点では医療IoT市場のほとんどを通信機能搭載型人工臓器が占めており、中でもペースメーカー/埋込型除細動装置は2025年でも2016年比約55%増の1058億円とIoT市場全体の6割超を保つと見る。

2025年には、日本人の18%が75歳以上になると言われています。超高齢化時代が到来するのです。医療費の増大を避けるために

医師不足という問題は刻一刻と迫ってきています。既に診療科目による医師数の偏りが目立ってきており、問題視されている。地域ごとの医師数の格差も捨て置くことのできない問題となっています。看護師不足も深刻化しています。

医療現場におけるIoTのニーズは高まる一方

IoTによるイノベーションが起こってもなお、医療現場では問題が山積みとなっています。効率的、かつ安全に医療を提供するためのニーズは、途絶えることがないといっていいでしょう。今後もIoTがどのように医療に貢献していくかを見守ると同時に、エンジニアとしてはIoTでどんなブレイクスルーを医療現場にもたらすことができるかを考える必要がありそうです。

これは2014年11月の薬機法(医薬品医療機器等法)の施行により、

これは2014年11月の「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器等法)の施行により、スマートデバイスやスマートフォンのアプリケーションなどが医療機器として承認を取得できるようになったことでIoT関連機器・システム市場拡大の環境が整った。

Mittellが担うこれからの医療・介護

現場では日々様々なストレスと戦いながら求められている使命を全うしています。そんなストレスフルな状態を少しでも緩和、支援できるようなシステムを日々探求しています。是非我々Mittellプロジェクトへご相談ください。


よく読まれている記事


Mittellデモンストレーションなど、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP